健康生活作りの考え方

  • LINEで送る

私はこの考えに出会い
歯科医療に対する取り組み方

健康に対する考え方
が変わりました。

是非シェアしたいと思います。

1964年のWHOの主催する世界保健総会では

「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態」

と定義されました。

その40年後のカナダ・オタワでの世界保健総会では

「健康とは、その人の潜在能力を最大限生かし、個人の望みを確認・実現しようとする状態」

とより高度になりました。

なんかすごく夢のある考え方じゃないですかニコニコ

これまでの健康づくりは、

地域の人々に
「講演会や研修会」「文書」で知識や技術を教えることにより、
人々の意識を向上させて、各自が努力する気持ちになり、
健康を増進しようとするものでした。

しかし・・・

知らぬ間に自然に忍び寄る生活習慣病は、
個人的な努力だけでは予防することが難しく
限界があります。

「悪い社会環境」
という急な勾配の坂道で
「健康獲得」
という大きな玉を目標まで押し上げるには
辛すぎてたった一人では挫折してしまいます。

健康生活習慣を実現するためには

「支援」と「自立」
の両輪がバランスよく回らないと進まないということです。

これをヘルスプロモーション型アプローチ
とでも呼ぶのでしょうか。

ヘルスプロモーションとは、人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにする過程(プロセス)のことです。健康に資する諸行為や生活状態に対する教育的支援と環境的支援の組み合わせです。

ヘルスプロモーションの2つの柱

① 個人を取り巻く環境を健康に役立つように改善し、
  健康を獲得しやすいようにすることです。

② 個人が健康を増進する能力を備えることにより、
  自らが健康を獲得する力を身につけることです。

しかし、
健康作りがしやすい環境を作ることは
行政や社会の責任であり、
このことが健康獲得の坂道の勾配を下げることになります。

また、
個人への各種の啓発活動によって、
知識の伝達や動機付けが成功し、
多くの住民の参加により
みんなの協力で健康を獲得することができます。

これが実現すれば

健康を手段として生活の質を高める

ことができるのです。

これは正に
私が漠然と頭に描いていた予防医療の姿だと思いました。

私は歯科医師ですので

この考え方を
むし歯予防に当てはめて

取り組んでいる事があります。

<<ヘルスプロモーション型アプローチを取り入れたむし歯予防プログラム>>

です。
従来からある
どこの歯科医院でも日常的になされている
知識・技術提供をするだけして
あとは患者さんの努力次第というもの。

「ではまた半年後に来てください。」
的な感じのです。

私は以前からこのスタイルに違和感を覚えていました。

これじゃ元の木阿弥になるよな

そこを改善して
患者さんときちんと同じ方向を向いて
協力体制で進めるものになっています。

むし歯ゼロ生活を実現させると
健康習慣が身に付き、心も体も若々しく美しくなれますよニコニコ

最後までお読みいただきありがとうございました
ペタしてね

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください