アンチエイジングに役立つ栄養素

  • LINEで送る

アンチエイジングのためにはどんなことが必要だと思いますか?

 こんにちは!
健康生活実践アドバイザーの瀬戸です。
今回はアンチエイジングに役立つ栄養素についてお話しします。
あなたはご自分の老化について考えていますか?
人は皆歳を重ねていくにつれ、体に変化が現れます。
それはあなたにとって
良いものであったり、良くないものであったり・・・
それを予防したり、防止したりできたら
いつまでも健康で若々しく、美しくいられることが
可能になりますね。
日本語でいえば、抗加齢・抗老化なんていいます。
最近では
「サクセスフルエイジング」とか、
「スローエイジング」
などと呼ばれることもあるようです。
「アンチエイジング」という言葉の響きからあなたも
「不老不死」をイメージされるんじゃないですか?
でも本来はそういう意味合いじゃないんです。
アンチエイジングとは
あなたの命を時計の針に例えるならば、
時計の針は休めてはなりませんね。
ですが、
時計はその時を刻む度に電力を消費したり
本体にもその影響・不具合が徐々に現れてくる訳です。
モノであればそれを直すのが修理です。
人間では医療行為であったり、
各施術行為がそれにあたります。
あなたは
お気に入りの時計をできるだけ長く使いたい。
そう考えます。
そこでアンチエイジングの考えを使うんです。
その時計の秒針を止めることなく、
針を少しだけ戻したり、その進みを遅らせながら
1つの時計を永く使い続ける。
みたいなイメージです。
ちょっと例えベタですみません・・
アンチエイジングの中でも
スキンケアの分野で用いられるアンチエイジングは
外部から皮膚そのものをケアすることです。
一方、サプリメントやホルモン補充療法などは
内部から全身的若返りを図る方法です。
つまり、

全身的な老化防止策

針の進みを遅らせることにつながるんです。

私がもっと若ければこんなこともできたはずなのに・・・

そんなあなたの願いを叶える
「アンチエイジングに役立つ薬」
みたいなものがあるといいんですが・・・
巷で出回っている
”アンチエイジングサプリ”
みたいなものは実際は存在しない
と思った方が良いです。
”ダイエットサプリ”もそうです。

サプリメントだけではやせません!(きっぱり)

ダイエットやアンチエイジングをうたった
健康食品なんかもそうです。
そのなかの成分が
ダイエットやアンチエイジング効果が期待できる
ということを過剰にPRして
販売されています。
抗加齢医学(アンチエイジング)
の定義によると
大切なのは

体の各機能が円滑に働くための必須栄養素のバランスを保つことです。

あなたが健康に生きていくために必要なものの中で
絶対的に欠かせないものはなんでしょうか?
それは

酸素と水です。

続いて

三大栄養素の

炭水化物・たんぱく質・脂質です。

さらに

微量栄養素の

ビタミン・ミネラル・食物繊維

と続きます。
つまり、
アンチエイジングに必要な栄養素って
誰でも知っている必須栄養素
(三大栄養素+微量栄養素)+食物繊維
なんですね。
こうした必須栄養素のなかでも
特にアンチエイジングに役立つ栄養素としては
まず、
あなたの体内で発生する活性酸素
によるダメージを防いでくれる
抗酸化栄養素があります。
超有名なビタミンCをはじめ、
ビタミンEやβカロテン
ビタミンB2などが
抗酸化ビタミンと呼ばれるものです。
また、
セレンマンガンなどは、
抗酸化に役立つミネラルです。
他には
抗酸化性をもった、ビタミン様の物質として
コエンザイムQ10αーリポ酸などもありますね。
さらに、
ビタミンB6B12葉酸には
動脈硬化の進行を早めてしまう原因の1つとされる
ホモシステインを低下させる働きがあると言われています。
最近、
植物が紫外線や寄生虫・病原菌などから
自らを守るために作り出している
フィトケミカル
と呼ばれる様々な化学物質も
注目を集めています。
また、
ぶどうの皮に多く含まれる
レスベラトール
という物質が
長寿遺伝子の働きをサポートする可能性
があるとして注目されているんですよ。
あなたが
アンチエイジングのために必要なのは
誰でも必要な酸素・水・必須栄養素を十分にバランスよく摂ることが
大事です。
そのうえで、機能性食品やその他の栄養素を積み上げることで
アンチエイジングは実現するんですね。
アンチエイジングの基本的な考えは盛りたしていくよりも
穴をふさぐ行為を最優先に考え、
下地をしっかり築くことが何よりも大切だと考えます。
いろんなものに手を伸ばす前に・・
一度あなたの周りをよく見渡してみてください。
何があなたにとって不足していますか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*