ダイエットのやり方が虫歯増殖の原因になっている?!

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

白いメガネの歯医者さん、
五反田 歯医者
瀬戸 成(せとしげる)です

品川区JR五反田駅から徒歩 

大崎から徒歩の歯医者さん
お問い合わせ:03-3441-5480
診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
親子3代に渡り地域の皆様の
歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。
あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 
 
==========
今回は虫歯予防に関する事の中で、
虫歯の発生・増殖に関わる原因を
考えた時に、ダイエットの仕方
によっては虫歯の発生や増殖に繋がって
しまうということについて
お話しさせていただきます。

1日5食も食べられるのにダイエット!?

ダイエットの根本的な考え方は
体内に入ってくる総カロリーと、
運動等で消費するカロリーのバランスが
逆転することにより体重増加に繋がる
というものです。

従って単純に考えれば、
入ってくる総カロリーを減らし、
運動等による消費カロリーを増やすこと
によって体重は徐々に減っていくのです。

あなたがダイエットをしたことが
あるかどうかは解りませんが、
私のダイエットの経験上、ボトルネックは
食事を減らすことによる、満足感の減少
です。

たとえ、量を減らしても、食事の満足感が
得られることができれば、継続できるので、
成功します。

この満足感に着目したダイエット法が
『1日5食ダイエット』です。
1回の食事量を減らして何回かに分割することで
食べられる物の幅も広がったり、
お腹が空いてきた頃に食事がとれるということが
可能なので、空腹感の辛い時間が短縮される
という効果があります。

ダイエット(健康)には良いことでも
歯の健康には逆効果なことがある

このダイエット法が虫歯予防に逆効果に
なってしまっている原因は
食事の頻度(回数)
にあるのです。

あなたが食事をする度に、お口の中は
酸性になります。
歯の表面のエナメル質は
この酸にとても
弱いです。

でも、安心してください!

よく噛んで食事をしたり、
食後15分〜30分
経過すると、唾液が出てきます。
唾液にはあなたのお口の環境が酸性になったのを
中和してくれるパワーを持っているのです。

1日3回の食事内容ではあまり影響はないのですが、
5回ともなると、せっかく中性に近づいてきたころに
また、次の食事が始まるので、酸性に戻ってしまう
のです。

これではずっと口の中はレッドゾーン
(ハイリスクゾーン)のままです。

虫歯菌が関与しなくても、食事による酸だけでも
虫歯になってしまうので
食事回数を上げて、総カロリーを下げるダイエット法は
虫歯リスクを上げてしまう結果となります。

===========
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*