いびきでお悩みのあなたへ。#マウスピース治療とは?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯を大切にする
治療をしない歯医者さん。
白いメガネの歯医者さん。こと
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。

さて、今回は
日頃いびきでお困りのあなたにマウスピースを口に入れることで
いびきが改善される治療法についてお話しさせていただきます。

マウスピース治療とは?

下の画像をクリックするといびき治療に関する詳細がわかります。


いびきや睡眠時無呼吸症候群のための治療方法はいくつかありますが、どれも装置が大掛かりだったり、手術が必要だったり
するので、なかなか積極的になれない部分があります。
その点、樹脂製のオーダーメイドで作られたマウスピース治療は体への負担がほとんどなく、携帯性に優れ、しかも経済的で、導入に対する壁が低い治療方法だといえます。

治療回数は?

患者さんの歯型を採取して模型上で作成しますので完成まで2回通院する必要があります。
さらに、調整することも必要な場合がありますので、最長で4〜5回の通院が必要になる場合があります。

マウスピース治療は健康保険が使えます。

マウスピースがいびきに効くというのは知ってるんだけど、一体どこで作ってもらえるんだろう。
そう思われたことはありませんか?
マウスピースは歯科医院で作ってもらえます。
しかし、最寄りの歯科医院でどこでも対応してもらえるかといえば、対応できないところもありますので、
一度お問い合わせ下さい。

健康保険を利用する場合は検査と医師の紹介状(情報提供書)が必要です。

健康保険で適応されるにはきちんと診断され、病名がついていないと治療できない仕組みになっています。
【いびき】は病気ではなく、状態を表す言葉でありますので、いびきを理由にマウスピース治療はできません。

睡眠時無呼吸症候群の方はいびきをかいている場合が多いので、実際にはこちらの検査をして医師による診断が出た後、担当医師と治療方針について相談してマウスピース治療を受けたいとなった時に情報提供書を持参のうえ、歯科でのマウスピース治療がスタートされます。

 

 

===========
 
 
最後までお読みありがとうございました


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*