【歯医者のギモン】内科は予約なしで行けるのに歯科はなんで予約制なの?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯を大切にする
治療をしない歯医者さん。
白いメガネの歯医者さん。こと
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。

今回は、以前に患者さんから質問を受けた
ことについてお答えする形で

お話しさせていただきます。

歯科はなぜ予約が必要なのか?

①治療の内容が一つ一つの手技の組み合わせである
 (手術)
②処置に時間が必要なので、予約をしない場合は、
 患者さんが来院した時点で診察できない場合がある。
③虫歯治療の大半は人工物を製作し、装着することに
 より治療を進めることもあるため、
 製作物の完成日に合わせて来院する必要がある。

まず、はじめに承知していただきたい前提があります。

つまり、歯科治療は全てが手術(施術)
の組み合わせによって成り立っている
ということです。

当然、内容の大小はありますが、
処置をするにあたり、個別に準備するものがあり、
整えるべき環境があるのです。
処置によっては出血を伴うものがあるので、
感染対策も考えなければなりません。

それは術者側への感染をはじめ、周囲の人への
二次的な感染も含まれます。

これらは全て患者さん一人一人の個別対応です。

私たち医療者はこれらのことについて万全の体制を
整えて治療に臨みたいと常に考えております。

急なトラブルにもできる限り対応します。


とはいえ、歯に急なトラブルはつきものです。

そんな時に確実に対応できるのは

歯科医院の規模です。

大規模で、先生の数も複数在籍している
歯科医院では、この問題に確実に対応できます。

診療時間内には誰か一人は手が空いている先生が
います。

しかし、先生が一人の医院ではそうはいきません。

そこで、当院も含め、個人医院が行なっているのが
治療時間の空き時間を利用する方法です。

各医院で設定していますが、(15~30分)
処置の全てがこれらの時間めいいっぱい使うとは
限りません。

この空き時間を利用して急患の対応に当てている
医院が多いです。

急なトラブルでお困りだということは十分承知
しています。

歯科医院を受診するあなたもこれらの諸事情にご理解の程
よろしくお願いします。

 

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください