あなたのお子様の成長が遅いのはいびきが原因かもしれませんよ?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯の命を大切にする
無駄な削る治療をしない歯科医
白いメガネの歯医者さん。
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。
今回は、いびきの弊害としての子供の成長障害について
お話しさせていただきます。

いびきとは、そもそも
空気の通り道である気道が狭くなることで起こってしまいます。
原理としては気道を広げてあげることでかかなくなります。

もしも、いびきが慢性化してしまうと起きた時の首や肩の痛み
だけでなく、5つの弊害として症状が体に現れてきます。

いびきが原因で起こる5つの弊害

睡眠状態の悪化
「熟睡できない。」「いつも夜に目が覚めてしまう。」「朝起きた後何時間もボーッとしてしまう。」「何時間寝て
も、一日中眠気が取れない。」

体の発育や回復力の低下
「周りの同級生よりも体格が劣っている。」「しっかり寝たのに疲れが取れないと言っている。」

集中力や脳活動の減少
「本を読むのが辛い。」「集中力に欠け、すぐに気が散る。」「授業をちゃんと聞くだけの集中力がない。」

運動能力の低下
「運動をしたがらない。」「外にだたがらず、ゲームばかりしている。」「100m走るだけで息切れがする。」

情緒や性格の不安定
「ちょっとしたことでイライラする。」「キレやすく、すぐに揉め事になる。」

あなたや、あなたのお子様にこういった症状があるとすれば、
いびきや睡眠時無呼吸症候群に見られる気道が狭くなった結果、
呼吸の時に空気の通りが悪くなり、脳や体に充分な酸素が行き渡らなくなり、
酸欠状態が続いていると考えられます。

特に子供の無呼吸症候群はとても深刻です。
小学生から高校生の間で起きると脳や体に致命的な障害が起きます。
気になるあなたは信頼できるお医者さんや歯医者さんにご相談ください。

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました



また、お電話がなかなかできない方は当院のLINE@のお友達に登録してください。

LINEから予約の連絡もできます。お得なクーポン券も発行していますのでぜひどうぞ。

五反田 歯医者
品川区JR五反田駅から徒歩 

大崎から徒歩の歯医者さん
お問い合わせ:03-3441-5480

診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
親子3代に渡り地域の皆様の
歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。

あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*