【連載⑵】いびきはなぜ悪いの?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯の命を大切にする
無駄な削る治療をしない歯科医
白いメガネの歯医者さん。
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。
今回は連載『いびきがなぜ悪いか?』の続き
としまして、いびきはなぜ起こるのか?ということについて
お話しさせていただきます。

いびきが起こる原因とは?

人はなぜいびきをかくのでしょうか?
そもそもいびきとは、睡眠時の呼吸によって発生する粘膜の振動音のこと
で、咽頭や舌の筋肉の筋力低下、アデノイドなどの鼻疾患や咽頭部の障害によって
気道が狭くなる、もしくは閉じてしまう発現する現象です。
もともと私たちの呼吸器は構造上、鼻で呼吸するようにできており、鼻呼吸が確保されている限り
いびきをかくことはないです。

鼻腔(びくう)と呼ばれる鼻の中の粘膜は分泌液の薄い層で覆われていて、健全な
鼻呼吸を維持する上で重要な役割を果たしています。

鼻腔内の気流が正常であるためには粘膜が適度に湿っていて、その表面が滑らかであることが
必要なのです。
例えば鼻粘膜が乾燥するとその表面が荒れてきて凹凸ができます。
すると気流がスムーズでなくなるので息苦しくなり、口で呼吸をするようになります。

口から吸った息が軟口蓋(のどちんこ付近)を振動させるために発生する異常音が
【いびき】なのです。

次回はいびきの種類についてお話しさせていただきます。

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました



また、お電話がなかなかできない方は当院のLINE@のお友達に登録してください。

LINEから予約の連絡もできます。下のボタンをポチッと押してください。
お得なクーポン券も発行していますのでぜひどうぞ。

五反田 歯医者
品川区JR五反田駅から徒歩

大崎から徒歩の歯医者さん
お問い合わせ:03-3441-5480

診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
親子3代に渡り地域の皆様の
歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。

あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*