【連載⑸】いびきはなぜ悪いの?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯の命を大切にする
無駄な削る治療をしない歯科医
白いメガネの歯医者さん。
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。
今回は、睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の分類の中で、もう一つ
大きなものとして小児型のOSASについてお話しさせていただきます。

睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の分類⑵

小児型OSAS

もし、あなたのお子様が睡眠中に
いきなり呼吸が止まったら焦りませんか?

本来睡眠中も呼吸は止まらないのですが、
呼吸が止まることによって熟睡ができず、身体的な発達障害を起し、
学力低下や多動性・攻撃性などの注意欠陥・多動性障害(ADHD)様の
認知・行動面の問題を引き起こしやすいとされています。

これらに加えて、小児特有の症状として
☑️睡眠障害、
☑︎昼間の眠気や授業中の居眠り、
☑︎いびき、
☑︎朝起きられないことからの不登校、
☑︎落ち着きがない、
☑︎睡眠リズムがずれる、
☑︎不眠
などの症状が現れます。

一般的に成人型よりは眠気の発現は少ないとされていますが
☑︎日中の集中力の低下
☑︎日中の傾眠などの自覚症状がお子様にある場合、
小児型OSASと診断されることがあります。

しかし、このメカニズムはまだまだ明らかになっていない点が
数多くあります。

小児型OSASは子供の肉体的・精神的な健康に大きく関割っています。

健康面の影響

成長ホルモンの低下
●低身長
●精神遅滞

昼間の眠気
●授業中の居眠り

集中力の低下
●学力の低下

低酸素血症
●発達障害
●乳幼児突然死

頭痛・胸焼け
●胃液の逆流

夜尿
●おねしょが続く

漏斗胸(ろうときょう=胸がろうと状に凹んでしまう)
●肋骨や胸骨の変形

精神面の影響

行動異常
●落ち着気がない
●多動

人格変化
●攻撃的
●キレやすい
●内向的性格

 

などの様々な問題に関係があります。

小児型OSASの定義

成人型のOSASの定義と同様です。
過去のブログ記事を参照ください。

お子様のいびきは大人以上に気をつけなければなりません。
気になったあなたはかかりつけの歯医者さんにご相談ください。

当院では無料相談を実施しています。
>>>お電話にてご予約ください。<<<

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました



また、お電話がなかなかできない方は当院のLINE@のお友達に登録してください。

LINEから予約の連絡もできます。下のボタンをポチッと押してください。
お得なクーポン券も発行していますのでぜひどうぞ。

五反田 歯医者
品川区JR五反田駅から徒歩 

大崎から徒歩の歯医者さん
お問い合わせ:03-3441-5480

診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
親子3代に渡り地域の皆様の
歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。

あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください