口の中を見ればあなたの寿命がわかりますよ?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯の命を大切にする
無駄な削る治療をしない歯科医
白いメガネの歯医者さん。
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。
今回は口の中の健康が寿命と深い関係があるということ
についてお話しさせていただきます。
 

口の中を見れば寿命がわかる!?

口の中が脳と直結している関係性は高いです。
なぜなら、どんなに小さい魚の骨や細い髪の毛でも
私たちは口の中で無意識に探し出し、吐き出すことができます。

これを最初に感知するのは口内の粘膜や舌ではなく、『歯』であり、
また、歯にある歯根膜(しこんまく)は、顎の骨とつなぐ役割をしていますが、
これは目や耳、最終的には脳や脊髄に繋がっています。
歯を失い、歯根膜を失ってしまうと歯ごたえや噛む力加減もわからなくなってしまうので
結果的に脳に負担をかけてしまい、脳が疲労していきます。

 

天然の歯を失うと身体や脳の機能がどんどん低下していく

スポーツ選手や腰を痛めている人は自分の歯が極端に少ないことが多いです。
そのため、入れ歯を入れることになります。
やがて口の機能が落ちてゆきます。そこで、以前のように話すことや
笑うことができなくなり、気力が低下することだってあるのです。

ライオンに代表される野生の肉食動物は牙を失うと
獲物を獲ることが出来なくなり、死んでしまいます。

人間にとっても同じことです。

28本(親知らずを入れて32本)の歯を総動員して
一つの食事をする消化器官としての大事な機能的役割があります。

たとえ1本たりともいらない歯はないのです。

あなたが安易に

「1本くらい抜けても大丈夫でしょ?」

という考えをお持ちだとしたら・・・
それはとても危険です。
たとえば1本歯が抜けたことを放置していたとしたら、
そのことをきっかけとして他の歯も連鎖的に抜けてしまうことだって
あります。

人間の順応性には限界があります。

純粋に加齢的な理由で歯を失った場合は体がある程度順応してくれますが、
人為的に(人の都合上で)放置された場合、体の身体的変化のスピードが
早いので、順応しないです。
具体的には歯を失うスピードが早いということです。
すると病的な状況に陥っていきます。

あなた自身で気づくこと、気づかないことがあります

たとえば歯周病のように、気づかない間に病気が悪化して、
気付いた時には手遅れということが歯の病気には多いです。

それを早期に発見するところ。
最悪の状態にならないように普段から定期的に対策をとるところ。

それがあなたのかかりつけの歯科医院です。

あなたには信頼できるかかりつけの歯医者さんは
いますか?

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました



また、お電話がなかなかできない方は当院のLINE@のお友達に登録してください。

LINEから予約の連絡もできます。下のボタンをポチッと押してください。
お得なクーポン券も発行していますのでぜひどうぞ。

五反田 歯医者
品川区JR五反田駅から徒歩 

大崎から徒歩の歯医者さん
お問い合わせ:03-3441-5480

診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
親子3代に渡り地域の皆様の
歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。

あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください