妊娠中に歯が痛くなったらどうしますか?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯の命を最優先する
無駄な削る治療をしない歯科医

白いメガネの歯医者さん。
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。
今回は妊娠中、もしくは妊活中や今から健康な赤ちゃんを産みたいと思っている
あなたのために、
今まで当院で妊婦歯科健診にいらっしゃった患者さんから質問があったことについて
私がお答えした内容をこの場でシェアしたいと思います。

妊娠中は歯医者さんに行けないのですか?


答えを先に言ってしまいますが、半分正解で半分間違っています。

なぜなら妊娠中、母体は常に出産に向けて変化し続けているからです。
きちんとタイミングを見計らって計画的に治療を行えばある程度のことは
妊娠期間中でも実施できます。

もしかしたら、虫歯・歯周病の治療がお腹の赤ちゃんによくない影響を与えるという
噂をあなたは聞いたことありませんか?

妊娠初期(妊娠1ヶ月〜4ヶ月)は虫歯や歯周病になりやすかったり、
虫歯や歯周病になりやすかったり、ある程度進行した虫歯や歯周病の
本格的な治療が受けられなくなるなど、妊婦さんにとって気をつけないといけないこともあります。

 

妊婦の歯科治療で赤ちゃんへの影響が懸念される3つのこと。

妊娠されている方が、歯科治療を受ける上で、特に以下の3点が赤ちゃんによくないとされています。

◉虫歯の状態を確認するためのレントゲン撮影

◉虫歯を削って除去する時に痛みを軽減するために使用する麻酔

◉歯の痛み止め(鎮痛剤)の使用

これらのことが影響して早産になったり、流産になったりなどの悪影響を及ぼすのではと思われているのではないでしょうか?

レントゲン撮影について

レントゲンは虫歯の進行状態を確認するために必要な情報です。
問題はそのレントゲンで使用される放射線がお腹の中の赤ちゃんに影響を与えるのではないか
と心配される方が多いです。
実際の撮影では人体に影響が出ない放射線量を最少限度の照射時間で行われます。
さらに、放射線防護のためのエプロンを着用して行われますのでほぼ問題ないです。

麻酔薬について

歯科治療時に伴う痛みを軽くして人体への負担を軽くするために必要な麻酔薬ですが、使用量をしっかりと計測して使用すれば
母体・胎児共に影響が出ることはないです。
患者さんの中には麻酔を使用せずに治療することを希望されたり、そもそも治療自体を我慢している方がいらっしゃりますが、
痛みに耐えるストレスはあなたが想像している以上です。
これは治療介入のタイミングを計画的に行えば何も怖くないです。

鎮痛剤・抗菌剤の使用について

確かに薬に含まれている成分がお腹の赤ちゃんに悪影響を与える場合があります。
そのために、どうしても我慢できない痛みがある場合にのみ、服用すべきです。
しかし、妊娠中でも服用できる薬はあります。
アスピリンやイブプロフェンという成分が含まれていない薬を選択すれば大丈夫なので、
専門家に確認してください。

妊娠中は普段よりも計画治療が大切です。

妊娠中の歯科治療は安定期に入ればある程度のことはできます。
なので、それ以外の時は応急処置にとどめておくというやり方が効果的です。

妊婦さんの体は常に変化し続けているということを考えたうえで、
治療内容を担当医と相談して決めていきましょう。

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました



瀬戸歯科医院のLINE@のお友達に登録してください。

LINEから予約の連絡もできます。下のボタンをポチッと押してください。
お得なクーポン券も発行していますのでぜひどうぞ。

品川区JR五反田駅から徒歩
 

大崎から徒歩の歯医者さん
 
お問い合わせ:03-3441-5480

診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
親子3代に渡り地域の皆様の

歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。

あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

 
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*