大病院or近場の歯医者行くならどっち?

  • LINEで送る
こんにちは

品川区東五反田
瀬戸歯科医院副院長

痛くならないための治療、
納得できる説明・ていねいな治療
あなたの歯の命を最優先する
無駄な削る治療をしない歯科医

白いメガネの歯医者さん。
瀬戸 成(せとしげる)です

 
==========
いつもブログをご覧になっていただき
本当にありがとうございます。
今回はあなたが病気になった時、大きい病院に行きますか?
それとも近所のクリニックに行きますか?
もしくはどっちに行きたいですか?
という問題について一般クリニック歯科医師としての意見を
お話ししたいと思います。

どうせ受けるなら一流の医療を受けたいですよね?

当然あなただってかかってしまった病気を治したいと考えたとき、
腕の良い先生に診察してもらいたい!

誤診されないように知識、経験豊富なエキスパートの先生に診察してもらいたい!

と思うでしょう。

それは、あくまでもかかってしまった時にどうするか?
と考えた場合にそのように思うのではないでしょうか。

例えばあなたが難病を治療するということではなく、日常の歯や体の健康に関する
相談など、個別対応を希望した場合はどうでしょうか。

そもそもの話ですが、
一人の患者さんが大病院を受診したいと思っていても、一般開業院の紹介状が
ないと初診の受付ができない病院が多いのでこの話は、紹介状をあなたが持っていることが
前提としています。

大病院と個人クリニックはそれぞれの特性を活かした関わりを持つことが大切

全ての院がそうだとは言えませんが、
大病院と個人院とは明らかに違う点があります。

それは全体の規模です。
したがってその規模に応じた対応が存在します。

つまり、一人一人に合わせたきめの細かいサービスを
求めるなら個人の医院の方が強いです。

 

規模が大きいがゆえにシステムで稼働している大病院

普段はスケジュール管理をしっかりしているあなたでも、
うっかり予約日時を間違えたりしてしまったことありませんか?

そんな時に大病院を受診していたとしたら、
予約の撮り直しをしなければならなかった時に
大変面倒な手続きをしなければならなかったり、予約日時が
かなり先になってしまったなんてことありませんか?

これらのことは患者さん側からすると融通がきかないなぁ・・・

と感じるかもしれませんが、
一つの病院で多数の患者さんを円滑に診療して行くためには
事務的にシステムを動かさねばならないからです。

病気の対応は2つのステージがあるのをご存知ですか?

病気から回復して社会生活に復帰するまでに対して
私たち医療側の関わり方として2つのステージがあります。

それは【治療】と【管理】です。
治療にはある程度知識や経験や技術が要求されるので、
専門医が多数在籍している大病院の方が強いです。

一方で再発防止や病気の発症予防などの管理のステージに入ると
治すだけではなく、患者さん個人個人の生活や性格にまで
深く関わりを持たねばなりません。
そのために大病院では業務を分業化し、その規模を発揮して対応します。

ここであなたはどう思いますか?

分業してたくさんのスタッフが総出であなたの病気に対応してくれるので
良いと思われるかもしれませんが、対応者が変わるたびに、あなたは
いちいち説明しなければなりませんし、複数の人と逆に対応しなければ
ならないのです。

相談事や体調管理は一対一で深く信頼関係を築いて行く二人三脚的な
要素もあります。

その点では大病院よりも少数精鋭の個人医院の方がより細部まで納得の対応が
実現できます。

=============

最後までお読みいただき
ありがとうございました



瀬戸歯科医院のLINE@のお友達に登録してください。

LINEから予約の連絡もできます。下のボタンをポチッと押してください。
お得なクーポン券も発行していますのでぜひどうぞ。

品川区JR五反田駅から徒歩
 

大崎から徒歩の歯医者さん
 
お問い合わせ:03-3441-5480

診療時間
五反田 歯科
※祝・祭日は休診とさせて頂いております。
品川区東五反田で1948年よりこの地で
 
親子3代に渡り地域の皆様の

歯とお口の健康をお守りさせて頂いて
おります。

あなたの大切な歯のお悩みを
私たちに話していただけませんか

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください