歯垢を除去できてむし歯予防に効果のある歯ブラシ

むし歯の原因、歯垢を除去する主役は
何といってもきらきら!!「歯みがき」です!きらきら!!

あなたは歯みがきを日々されていると思います。
そして歯みがきはむし歯・歯周病に対して非常に予防効果の高い手段である
ということが昔から実証されてきています。

ですから歯みがきはむし歯になりたくない人・健康になりたい人にとって
やった方が断然お得!魅力的なスキル

です目

色んな方が様々な立場から簡単にできる予防法などを提唱していますが、
やはり世の中コツコツ努力している人が最後には成功するのではないでしょうか。

歯みがきはすることに意義がある?

そんな甘いものではありません。

やるからにはきちんと成果をあげましょう。

そこはあなたも同じ気持ちだと思います。

そもそも歯みがきに求められる成果って何でしょうか?

それは虫歯予防でもなく・・・

   歯周病予防でもなく・・・

それは
歯に付いている有害な歯垢(悪玉菌)を常にムラなく取り除くことです。
成果(目的)を具体的にしてみるとわかりやすいです。

抽象的な結果(むし歯予防・歯周病予防)は後から勝手についてきます。

では、その歯垢を確実に取り除く為にはどうすればよいでしょうか。
それは
「ブラッシングのテクニックの修得」「正しい道具選び」です。

技術的なことは別の機会にお話させていただくとして、今回は

正しい道具選び

その中でも

“歯ブラシの正しい選び方”

についてお話させていただきます。

そもそも

歯ブラシに求められる要件
とは何でしょうか。

① 特化した歯ブラシではなく1本で全ての部位をブラッシングできるもの。

奥歯まで届く位の大きさであること。

清潔を保つ素材であること。

④ ブラシの交換を考え、ある程度の耐久性を備えているもの。

⑤ ブラシの交換を考え、あまりにも高額でないもの。

くらいです。

その点を加味して歯ブラシを選ぶとどうなりますか?
        ・
        ・
        ・

あなたが思い浮かぶのは、昔からある普通の歯ブラシ
ではないですか?

しかし・・・

実際に歯ブラシはどこでお求めになっているでしょうか。

ご自宅や職場近くのドラッグストアーやスーパーやコンビニ

などではないでしょうか。

一般的に商品は競合他社との差別化を常に考えて開発されているものです。

価格や、性能が他社商品と比べて抜きん出ていなければ

消費者から見向きもされない状態となってしまいます。

各社様々な企業努力により

セールスポイント(特化した部分)

を付加価値として歯ブラシは売られています。

普通の商品(メインはブラシ)は価格競争に巻き込まれるので
積極的に一般向けには販売していません。

我々歯科医師がそれら(特化したブラシ)を見た時
その歯ブラシは

ある部分に特化している

とみなしますので、

「メインブラシにはオススメできません。」むっ

となってしまうのです。

つまり、その特長を有効に使わなければきちんとした成果が生まれません。

しかしながら、

実際にこれらの歯ブラシは販促・広告もされているのでパソコン

一部の商品は一般市場の中でヒットしているのが現状です。サーチ

しかし、各メーカーも歯科医院にはウケないと知っていますので

「王道ブラシ」を卸すルートを別に持っています。

「歯科医院専売品」として

歯科医院には

きちんと成果の出る歯ブラシが流通しています。ベル

歯ブラシはあなたをステキに輝かせる頼もしいパートナーです。

さあ、歯ブラシを新しくして気分を変えてみませんか?アップアップ
最後までお読みいただきありがとうございました!

ペタしてね

歯垢を除去できてむし歯予防に効果のある歯ブラシ

むし歯の原因、歯垢を除去する主役は
何といってもきらきら!!「歯みがき」です!きらきら!!

あなたは歯みがきを日々されていると思います。
そして歯みがきはむし歯・歯周病に対して非常に予防効果の高い手段である
ということが昔から実証されてきています。

ですから歯みがきはむし歯になりたくない人・健康になりたい人にとって
やった方が断然お得!魅力的なスキル

です目

色んな方が様々な立場から簡単にできる予防法などを提唱していますが、
やはり世の中コツコツ努力している人が最後には成功するのではないでしょうか。

歯みがきはすることに意義がある?

そんな甘いものではありません。

やるからにはきちんと成果をあげましょう。

そこはあなたも同じ気持ちだと思います。

そもそも歯みがきに求められる成果って何でしょうか?

それは虫歯予防でもなく・・・

   歯周病予防でもなく・・・

それは
歯に付いている有害な歯垢(悪玉菌)を常にムラなく取り除くことです。
成果(目的)を具体的にしてみるとわかりやすいです。

抽象的な結果(むし歯予防・歯周病予防)は後から勝手についてきます。

では、その歯垢を確実に取り除く為にはどうすればよいでしょうか。
それは
「ブラッシングのテクニックの修得」「正しい道具選び」です。

技術的なことは別の機会にお話させていただくとして、今回は

正しい道具選び

その中でも

“歯ブラシの正しい選び方”

についてお話させていただきます。

そもそも

歯ブラシに求められる要件
とは何でしょうか。

① 特化した歯ブラシではなく1本で全ての部位をブラッシングできるもの。

奥歯まで届く位の大きさであること。

清潔を保つ素材であること。

④ ブラシの交換を考え、ある程度の耐久性を備えているもの。

⑤ ブラシの交換を考え、あまりにも高額でないもの。

くらいです。

その点を加味して歯ブラシを選ぶとどうなりますか?
        ・
        ・
        ・

あなたが思い浮かぶのは、昔からある普通の歯ブラシ
ではないですか?

しかし・・・

実際に歯ブラシはどこでお求めになっているでしょうか。

ご自宅や職場近くのドラッグストアーやスーパーやコンビニ

などではないでしょうか。

一般的に商品は競合他社との差別化を常に考えて開発されているものです。

価格や、性能が他社商品と比べて抜きん出ていなければ

消費者から見向きもされない状態となってしまいます。

各社様々な企業努力により

セールスポイント(特化した部分)

を付加価値として歯ブラシは売られています。

普通の商品(メインはブラシ)は価格競争に巻き込まれるので
積極的に一般向けには販売していません。

我々歯科医師がそれら(特化したブラシ)を見た時
その歯ブラシは

ある部分に特化している

とみなしますので、

「メインブラシにはオススメできません。」むっ

となってしまうのです。

つまり、その特長を有効に使わなければきちんとした成果が生まれません。

しかしながら、

実際にこれらの歯ブラシは販促・広告もされているのでパソコン

一部の商品は一般市場の中でヒットしているのが現状です。サーチ

しかし、各メーカーも歯科医院にはウケないと知っていますので

「王道ブラシ」を卸すルートを別に持っています。

「歯科医院専売品」として

歯科医院には

きちんと成果の出る歯ブラシが流通しています。ベル

歯ブラシはあなたをステキに輝かせる頼もしいパートナーです。

さあ、歯ブラシを新しくして気分を変えてみませんか?アップアップ
最後までお読みいただきありがとうございました!

ペタしてね